NEWS 最新情報

2022.06.28

Episode 9 | BUG!?

日本が世界に誇るフリースタイルバスケットボーラーBUG!?。2000年初頭から盛り上がり始めたフリースタイルシーンを目撃してきた彼の「伝えるべきストーリー」。

.

.

BUG!?、お疲れ様!いつも現場では顔を合わせるので、こうやって改まると緊張するんやけど(w)まずは、フリースタイルバスケットボーラーBUG!?を知らない人の為にも自己紹介をおねがいします。

お疲れ様でーす!僕も緊張してきちゃいました(w) 
改めまして。FREESTYLE BASKETBALLERの BUG!?(バグ)です!
バスケットボールを中心に色々な表現や活動を作り、世の中に発信してます!
バスケットボール + クラウンマスク = BUG!?って覚えて頂けたら嬉しいです!
詳しいプロフィールはインタビューの最後をチェックしてください。

.

.

.

毎回圧巻のパフォーマンスですごいスキルだなと思うし、今では全国引っ張りダコ状態ですが、そもそもなんでストリートバスケを始めたのか、きっかけを教えて。

嬉しいお言葉あざす!
始めたきっかけは、たまたま当時住んでいたあたりの公園にストリートバスケコートがあって、丁度その時代が第一ストリートバスケブームでコートを通りかかった時に
ラジカセでhiphop流しながらダボダボの服着た人達がバスケしてて、なんか従来のスポーツではない感じの雰囲気や土地柄もありましたが、色々な人種いて外国やん!みたいな。
めちゃくちゃかっこいいって衝撃を受けて。
怖かったけど僕もやりたい!教えてって大人達に声かけ、一緒に混ぜてもらい、そこから毎日そのコートでその人達とストリートバスケ三昧でした。
その中で先輩達がNIKE、YPA、notic、DIME、AND1 MIXTAPE TOUR、当時流行っていた海外のストリートバスケのDVD、 VHSを観てみろって貸してくれて、それを観て。
バスケコートでのプレーは勿論やばかったんですが、それ以上にバスケコート以外でも音楽かけてドリブルとかで表現したり、人を魅了している映像を観て「僕はこれで彼らみたいに輝きたい!輝く」と気合い入れて始めました!(w)

自分も何度もBUG!?のショーを現場で見てきて、記憶をたどっても今まで見たパフォーマンスの中でBUG!?がミスってる所は一度も見てないねん。で、ショーの前もバックステージでずっとショーまで練習してるやん? だからこそショーの完成度が高いと思うんだけど、例えば5分位のショーを作るとして、どの位練習する?

たまにはミスっちゃいますよ!w
ショーに関しては結構バラバラです!w
音とか速攻決まって2日とかで出来た作品もあれば、一週間ぐらいかかるときもありますね!
共通して言えるのは、そっから何回も友達とかに観てもらったり、客観的な意見貰ったりしてショーを育てる感じです!
クルーのパフォーマンスもソロとあまり変わらないと思います!

.

BUG!?が愛して止まない、フリースタイルバスケという文化の歴史的背景を教えて。

フリースタイルは、バスケットボールにおけるドリブルやハンドリングのスキルをひとつのパフォーマンスとして捉えた概念で、元々はストリートバスケの中でのムーブや試合中や待ち時間に、観客を盛り上げるために行われていたボールハンドリングが発祥。 
世の中で初めて「バスケットボールのフリースタイル」と言われたのは、2001年にナイキが発表した”FREESTYLE”というコマーシャルがきっかけで、そこから世界的にムーブメントが発生した感じです。
バスケットボール、サッカー、スケートボードのフリースタイルを競うNIKEによるイベント”FREESTYLE CRASH” が東京と大阪で開催されたことで、フリースタイルバスケットボールバトルが日本に上陸!
以降、日本では積極的な大会運営がなされ、世界でも群を抜いてフリースタイルバスケットボール文化が発展。ボールを扱う高度な技術だけでなく、様々な分野から影響を受け、音楽性、エンターテイメント性、アート性を国内で高め合っていった結果、現在日本がフリースタイルバスケ大国としてカルチャーを引っ張っている感じです!

2000年代初頭のNIKEのCM

.

BUG!?が尊敬するフリースタイルバスケットボーラーは?

.

.

samuraiballers 代表の U-LAWさん。
自分の師匠でありファミリー。そして今もカルチャーを作り続けているから!
この人がいなかったら今の僕は無いぐらい尊敬しています!

.

.

.

.

.

.

BLOCK ON LOCKさん。当時ストリートバスケ、フリースタイルバスケのアイコンとして沢山夢みたいな活躍をみしてきてくれた先人、技とゆう部分や魅せ方とゆう部分も革命的クルー!昔から東京でお世話になっていて今でもクリエイティブなバスケを発明しまくる先輩達!

.

.

大阪籠球会さん。
大阪、関西でバスケットボール、フリースタイルバスケと言えば大阪籠球会大阪のシーンを作った先輩達クルー!自分が10代後半に大阪に住んでたんですが、その頃沢山メンバーの先輩達にお世話になりましたし今も関西大阪のシーンを引っ張る老舗クルー!

.

.

いままでめちゃめちゃ影響された映像とか、何かあれば教えて。

.

.

.

.

.

.

.

.

.

まだまだ沢山あるんですが、当時この辺の映像みてかなり影響されました!

Torb the Roachとは、これまたシブいところに目をつけてるな!w
いつもパフォームするときにつけるクラウンマスクの意味は何かあるの? 

当時ストリートバスケをやっている人はいたけど、フリースタイルバスケを本格的にやる人がいなくて、本気でこれで活躍して生きてくと決めてたんで、まずフリースタイルバスケを沢山の人に知ってもらわなきゃと考えました!
知ってもらうには目の前の人にまず興味を持ってもらわなきゃ自分の表現にみんな辿り着かない。
そう考えてた時に、クラウンって全世界の人、老若男女が何かしらパフォーマンスをして楽しませる存在ってわかるよなー!ってなって、見た目はクラウンとしてやり、自身の踊り、スキルやパフォーマンスを突き詰めれば沢山の人に自分のパフォーマンスを観てもらえると思ってクラウンのマスクを被ってBUG!?やってます!w

人より目立つ為の小道具なのかと一瞬でも思った自分が恥ずかしいわ。ちゃんと考えてそのスタイルにたどり着いたんやね。すごい。でもときどき子供たちにペン持たせてボールまわす時、子供呼んでも前なかなか出ないとか、怖がられたりしない??大泣きされて困った事とかきっとあると思うけど、どう???w

最初はそれで全然良くて、そこから知ってもらいたいという気持ちなんで!
子供は100/0ですね!w
喜んでくれる子と怖いってなる子がハッキリわかれるんですけど、今は怖がられたパターンもご用意してます!w

ストリートダンスの大会は、SHIROFES.も含めて毎週末に大会がどこかで行われていたりするんだけど、フリースタイルバスケの大会はどれくらい行われてて、どういうものがあるのか教えて。

今では月に一回はどこかしらでバトルは開催されてるイメージです!
自分が所属しているクルー「Samuraiballers」で主催するFKOでしたり、ioxc、baller time、wfba freestylbasketball battle、FSBP、1DC、Freestyle Fes、GroovMix、フリースタイルバスケ日本一決定戦、bac to pec、KFBC、KHOT、THE SHOW、伊達祭 など。

.

.

.


まだまだ書ききれてないバトルもありますが、増えてる一方ではありますね!
今では世界中でバトルがあり、また新しいシステムのバトルも増えていますし、日本各地でもそれぞれの土地の中心人物が主催をし、みんなで盛り上げている感じですね!

BUG!?の場合、ダンサー以上にその日始めてフリースタイルバスケを見る人や、老若男女を問わずにパフォームする場面が多いと思うけど、BUG!?のパフォーマンスは見てる人がすごくハッピーな顔してる事が多いと思うねん。パフォーマンスする際にBUG!?が一番気をつけている事って何?

バスケットボール、メディア、ダンスやエクストリームスポーツ、音楽、エンタメ、ファッション、MVなど・・・
それぞれ状況や現場や音によって、微妙にキャラクターやパフォーマンス内容を変えたり、逆に自分の中でのかっこいい!をありのままをみせたり、その現場現場で一番沢山の人の心を動かす事にフォーカスする事ですかね?
それが楽しいし僕のスタイルです!

.

.

.

.

.

いままでやってきた中で、一番うれしかったことは?

めちゃくちゃありすぎて1番は決めれないかもです!w
例えば初めてフリースタイルバスケバトルで優勝した時や初めてダンスバトルで優勝したとき。
思いのある方々や新しい場所との出会いや色々な国で仲間や友達のおかげでツアーやらせて頂いたとき。
国内最高峰バスケットボールリーグBリーグのオールスターのハーフタイムに出演した時は、やっと競技バスケットボールにフリースタイルバスケットボールを認めてもらえた事が嬉しかった!
某企業のCMにおいて、ワシントンD.C.でNBA八村塁選手にドリブル・ハンドリングを用いた振り付けの監修と直接指導をフリースタイルバスケットボールの新しい仕事として出来た事や、

.

.

ZOZOマリンスタジアムにて、ゲスト出演した時に3万5000人×2daysだったんですがステージ上に1人で、自分の音源でパフォーマンスは絶景でしたし、

.

アーティストライブ

.

アーティストライブ

BUG!?のシグネチャーシューズ、シグネチャーアイテムをグローバルブランドFILAから全国発売できた事など、

.

.

1番嬉しい事や楽しい事を更新し続ける事が一つの目標でもあるので、常に今までで1番嬉しいや楽しいを作れるよう日々活動してます!

これからフリースタイルバスケを始めてみたい人に対してメッセージを!

フリースタイルバスケットボールは バスケ・音楽・ダンスが融合されたカルチャー、今では様々な分野から影響を受け、音楽性、エンターテイメント性、アート性などスタイルが確立し、ボール一つあればどこでも楽しめるし楽しませられる、新しいバスケットボールです。
バスケットボールは、今は 5×5、3×3、1×1、ストリートバスケなど様々なカテゴリーで楽しまれていまが、その中でもコミニケーションに特化し自由度の高いバスケットボールなので、是非少しでも興味が湧いたらやってみてください!めちゃくちゃ面白いです!
僕自身も、引き続き活動理念でもある「ボール一つで世界が繋がる」を引き続き楽しみながら体現し、子供や若手のみんなに夢や目標、ワクワクをみしていけたらと思っております!
これから始める皆様ともお会い出来る日を楽しみにしてます!

.

プロフィール

BUG!? (バグ) -FREESTYLE BASKETBALLER-
Instagram @bug_bug_bug

バスケ・音楽・ダンスが融合された競技、[フリースタイルバスケットボール]界において日本、世界で最も歴史あるチーム「SAMURAI BALLERS」の現リーダーであり三味線奏者“TES”とのエンターテイメントユニット「KABUKIMONO°」も手がける「BUG!?」。
「日本一=世界一」と称されるフリースタイルバスケットボールシーンにおいて、様々なバトルでの優勝を飾り、海外を含めたフリースタイルバスケットボール界において、最も歴史と名誉ある大会「FREESTYLE BASKETBALL BATTLE JAPAN CHAMPIONSHIP」において史上最多となる3度の優勝(2011.2014.2016)。
現在はフリースタイルバスケットボール界のアイコンとして活動する。
さらには、FIBA(国際バスケットボール連盟)世界選手権プロモーションチームとしての活動や2015年FIBAセントラルボード(中央理事会)の場においてゲストパフォーマーとして出演し、ももいろクローバーZ ワンマンライブ「MomocloMania2018 -Road to 2020」にてゲスト出演

2019年
SPYAIR単独野外ライブ「JUST LIKE THIS 2019」ゲスト出演
NHK Eテレ「沼にハマってきいてみた」出演
地上波 日本テレビ「スッキリ」「ZIP!」出演
「3×3 JAPAN TOUR2019」出演
3×3世界最高峰の大会「FIBA 3×3 World Tour Utsunomiya Masters」に出演(2018年・2019年2年連続)
日本最高峰プロバスケットボールリーグ 「B.LEAGUE ALL STAR GAME 2019」 にハーフタイム演出&出演という快挙を果たしている。

2020年
マキタ × RUI HACHIMURAのCMにおいて、ワシントンD.C.にてNBA選手 八村塁にドリブル・ハンドリングを用いた振り付けの監修と直接指導など、競技バスケットボール界においても国際的な動きを見せ、

2021年
PIZZA-LA cm 「Be extreme」メインアクト出演
Professional dance league 「第一生命 D.LEAGUE CHAMPIONSHIP」 にて、「Red Bull Street jam 」チームとしてゲスト出演
TBS「再現できたら100万円!THE神業チャレンジ」出演
「FILA×BUG!? collaboration 」グローバルブランドFILAとフリースタイルバスケットボーラーBUG!?のコラボシューズやコラボアパレルを形にし全国発売

2022年「HENSHIN by KAMEN RIDER」
株式会社バンダイが提案する『仮面ライダー』作品をフィーチャーしたファッションブラン「HENSHIN by KAMEN RIDER」の記念すべき1周年の動画に出演

2022年
レゲエ界を代表するトップアーティストPUSHIM / PARK feat. ISSEI」AKTR Presents MV出演
チャンネル登録450万人を越える大人気「スカイピース」YouTubeチャンネルにゲスト出演
Red Bull SoundClash 2022 出演など

この他にも新たなフリースタイルバスケットボールの歴史を刻み続けている。
現在は、表現やスポーツの素晴らしさ・楽しさを国籍や性別はもちろん、老若男女問わずに提案し続け、国内はもちろん、活動を世界に広げ、アメリカ、フランス、韓国、中国、インドネシア、台湾、タイと海外でのツアーを成功させ、ゲストパフォーマー、大会審査員、フリースタイルバスケットボールコーチとしても招待されるなど、 世界からも注目を集めている。
活動理念である「ボール一つで世界が繋がる」をテーマにスキルはもちろん、トレードマークのクラウンのマスクを被り、そのキャラクターを活かしたショーケースやプロジェクトはジャンルの垣根を越えて観衆を虜にして止まない。

.

Story to be told… 伝えるストーリー

DJでありBboyとして長くアーバンカルチャーに携わってきたDJTeeが監修するインタビューするコンテンツ。
ストリートダンスをはじめとするアーバンカルチャーは独自の方法でこれまで進化し続けてきました。日本でも古くはクラブで輪っかを作って踊っていたHIPHOPダンサー、暗黙の了解で使用が許された公園で練習に励むスケーター、フリースタイルバスケットボーラー・・・近年では日本から世界で大活躍する表現者が沢山増え、また競技化が進むSKATEBOARD、BREAKINGではアスリートと呼ばれるようになり、自分たちが活躍した時代と比べると、社会的な追い風も手伝い急速に認知が高まってきたと日々感じています。
このSHIROFES.では開催当初からストリートダンスを筆頭に、ダブルダッチ、フリースタイルバスケットボールなど、さまざまな人気アーバンカルチャーコンテンツを取り上げ、日本を代表する参加者を毎回招聘してきました。そんな表現者である彼らの内面的なストーリーをより多くの人に伝えたい、という思いでこの「Story to be told…伝えるストーリー」の連載を開始させていただきました。表現者である彼らが何に影響を受けて、何を思い、彼らの「今」に辿り着いたか、そういうストーリーを伝える事で彼らの魅力が一層深まると共に、それぞれのアーバンカルチャーへの理解がより一層高まることを切望しています。ストリートのヒーローである彼らの事を知り、より好きになり、彼らの事を今後さらに応援してくれれば本望です。肩肘張らずに彼らの生の言葉を楽しんでください! Peace.  by Tee

DJ Tee @teeplaysitcool

MEDIA PARTNER メディアパートナー

SUPPORT 後援

弘前市教育委員会 / 青森テレビ / 青森放送 / 青森朝日放送 / 陸奥新報 / 東奥日報 / 毎日新聞青森支局 / 読売新聞青森支局 / 弘前経済新聞 / エフエム青森 / FMアップルウェーブ / 津軽新報社 / 弘前市旅館ホテル組合 / 一般社団法人アーバンスポーツ&コミュニティー / 一般社団法人Performing Arts Community / ⻘森県タクシー協会弘前支部